美容室タエビス NEWS

美容室Taebisグループのニュース、求人採用、よくある質問

キレイな髪の秘訣!「夜のヘアケア9つのルーティン」

シャンプーのCMなどでよく目にするサラサラでツヤツヤな髪の毛。CMなどに出演される髪の毛のモデルさんの「髪質がキレイで羨ましい・・」なんて思うけれど、髪の毛のモデルさんは、キレイな髪を保つ為に毎日、相応の努力をされています。今回はキレイな髪の毛をつくる夜のヘアケア!9つのルーティンをご紹介します。


22096869_s.jpg


夜のヘアケアルーティン


1シャンプーの前にはブラッシング


意外としていないシャンプー前のブラッシング。髪の毛が絡まった状態で濡らしてしまうと、傷みの原因になってしまうことがあります。髪の毛を濡らす前には、粗めのブラシやスカルプ用のブラシでブラッシングをしましょう。絡まりやホコリ、汚れも取れ、髪の毛が洗いやすくなります。

とは言え、ハードスプレーなどのスタイリング剤で髪を固めてしまっている場合は、無理にとかすと逆効果です。流しながら固まっている髪の毛を少しずつほぐすようにとかしていきます。


3424570_s (1).jpg



2シャンプー前の予洗いはしっかりと


実はシャンプー前の予洗いで、髪の毛の汚れの役7割を落とすことができます。ササっと流してしまいがちですが、予洗いを丁寧にするとシャンプーの泡立ちも良くなります。髪の毛の長さや重さにもよりますが、1分〜3分の予洗いが理想的です。


3589170_s.jpg



3シャンプーはしっかり泡だてる


濡れている髪の毛は傷みやすく、とても繊細です。できるだけ摩擦を避けたいので、シャンプーはしっかりと泡だててから、たっぷりの泡で包み込むように洗いましょう。

シャンプーは基本的に2度洗いがお勧めです。1度目のシャンプーでスタイリング剤や毛先の汚れを落とし、2度目のシャンプーはより泡立ちが良くなりますので、きめ細やかな泡で頭皮から毛先まで包み込みように洗いましょう。


gahag-0018430696-1.jpeg



4シャンプーは髪質に合ったものを使う


せっかくシャンプーの洗い方やケアの方法を意識しても、髪のダメージや髪質に合っていないシャンプーを使っていては理想の髪質に近づけません。

くせやボワつくなど、髪質の悩みやダメージが気になる時は、自分の髪に必要なケア剤が配合されているものを使うことが大切です。シャンプーカウンセリングでマイシャンプーを選んで自分にあったシャンプーを使用することで、髪質は大分変わります。ぜひお試しください。


20210916171006-d95aa0333adb60b45b72a9c5ad74442dd3e92485.png



5トリートメントはよく馴染ませる


トリートメントは髪の毛1本1本になじませるイメージで揉み込みます。髪の毛の長い方は、手ぐしを軽く通したら粗めのブラシでコーミングをしてあげるとさらになじみが良くなります。

地肌ケアができるトリートメントは地肌に揉み込んで使用しますが、地肌ケア用以外の市販のトリートメントは、地肌につけてしまうと毛根を塞ぐ原因になってしまいます。パッケージをよく確認して、地肌につかないように気をつけましょう。


4884466_s.jpg



6タオルドライはこすらない


濡れている髪の毛はとてもダメージを受けやすいので、毛先をゴシゴシこするのはNGです。タオルで包んで手で挟み、水分を吸わせるイメージでタオルドライしましょう。


3107518_s.jpg




7洗い流さないトリートメントを使い分ける


ドライヤーの前は、洗い流さないトリートメントで、しっかりと髪の内部に水分と栄養分を補給してから乾かします。洗い流さないトリートメントにも種類が色々ありますが、ウルツヤなキレイな髪の毛を目指すのであれば、ミストタイプの物とクリームタイプ(もしくはオイルタイプの物)との併用がお勧めです。

ミストタイプのものは、スキンケアで言えば化粧水と同じ役割。粒子が細かいので浸透性が良く、保湿効果に優れています。クリームタイプのものは、乳液と同じです。髪の表面に油分を与え、キューティクルを整え、水分や栄養分を外に逃がさない役割をしてくれます。



20210916161137-b986f29ac7ed99d88e86e06c7cadf2a67dae9e19.png



8ドライヤーの風は上から下に向ける


ドライヤーをするときは、根元から乾かし始め、根元が乾いてきたら中間から毛先に向かって上から下に風を当てて乾かします。根元から毛先に向かって乾かすことで、キューティクルが整いツヤやまとまりが良くなります。


031bdcd8a7a837306f5439d343dad32d_s.jpg



9質の良い睡眠で髪の毛を育てる


寝ている間には成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは、頭皮や髪の毛に栄養素を与えてくれる毛母細胞に働きかけ、健康な頭皮や美しい髪をつくります。

毎日必ず10時から6時まで眠る・・。と、決めても、仕事や勉強、趣味の時間等、難しいかと思いますが、必要以上の夜更かしは避け、眠る前はスマホの操作をしない。食事は眠る2時間前までに済ませる。就寝の大体2時間前に40度程度の湯にゆったりつかる。就寝前に深い呼吸をしながら優しいストレッチを行う・・。など、睡眠の質を高める方法は簡単に始められることもありますので、始めやすいところから試してみるのも良いと思います。


2378629_s.jpg



キレイな髪の毛をつくる夜のヘアケア!9つのルーティン。をご紹介いたしました。

いかがでしたか?夜のヘアケアルーティンで普段されている内容はございましたか?「自分に合ったシャンプーやケア剤で始めてみたいけど、何を使ったら良いかわからない。」そんな時は、ぜひお近くのスタッフまでお気軽にご相談ください。

このページ【 キレイな髪の秘訣!「夜のヘアケア9つのルーティン」 】を

CATEGORY

BACKNUMBER


RECRUIT2021

美容師・美容師アシスタント求人採用情報

Taebisでは、共に会社を創り、共に夢を叶える仲間を募集しています。各店への店舗見学も随時受付中です。お気軽にどうぞ!

TOP OF PAGE