美容室タエビス NEWS

美容室Taebisグループのニュース、求人採用、よくある質問

見た目年齢に差がつく「マイナス5歳肌」若見え肌と老け肌はここが違う!

7%3A18LINE.001.jpeg



テレビに出ている女優さんだけでなく、SNSで見かけるキレイな女性など、実際の年齢を見てびっくり!!「5歳から10歳近く若く見える!!」という方いらっしゃいますよね!

年齢よりも若く見える。今回は、そんな見た目年齢に差がつく、若見え肌と老け肌の違いと、ケアの方法の秘密をご紹介いたします。



老け見え肌とはどんな肌?

下のキレイな女性のイラストに、少しだけ線と点を書きたしました。片側ずつ顔を隠して、イラストの女性の年齢を想像してみてください。

20220715113131-bef4626830dfd96dd7ab1208fb2ddd2e9936023e.png


右側は何歳に見えましたか?

左側は何歳に見えましたか?

左側は20〜25歳前後、右側は30〜35歳前後など、5歳から10歳程度の見た目年齢の差はでませんでしたか?


書きたした線は口元と目元にうっすら2本ずつ。それと、目元の下の数個の点です。

これはイラストですが、実際の人でいうと、ほうれい線やマリオネットライン、目尻に出てくる小ジワと、目の下に出やすいくすみやシミに当たる部分です。

ほうれい線とマリオネットラインは、口周りにできるラインのことです。肌の乾燥やハリの低下、筋肉の衰えが原因です。

目尻に出てくる小ジワと目の下のくすみやシミは、肌の乾燥や寝不足、疲労、紫外線による肌老化、刺激が原因です。

肌のハリやツヤなども若々しく見える肌質のポイントではありますが、見た目年齢に差がつく老け見え肌に見えてしまう原因は、上記にあげた3つの印象が大きいです。



老け見え肌を予防しよう!

若々しい肌を保ち、老け見え肌を予防するポイントをご紹介します。

①小ジワをつくらない!深いシワにしない!

小ジワはつくらないためには、乾燥させないことが大切です。笑った後や会話の後にほうれい線がくっきり!なんてことはありませんか?乾燥している肌は、肌の表面が固くなってキメが粗くなり、浅くて細かいシワができやすくなります。肌を乾燥させないための一番の近道は毎日の保湿!肌に合った化粧水とクリーム(乳液)で正しい保湿を行いましょう。


また、表情筋を動かす運動や、こめかみのあたりのツボをほぐす頭皮マッサージも効果的です。

②くすみやシミの原因!光老化を防ぐ

肌がくすむ、シミができる大きな原因は紫外線です。紫外線は冬でも、曇りの日でも、車内や光の当たる室内でも浴びてしまいます。ですので、朝のスキンケアの後には日焼け止めを塗る習慣をつけ、外に出かける際には、日傘や帽子を被り紫外線から肌を守りましょう。

また、日差しの強い日は目から入る紫外線にも要注意です!目に紫外線を受けることで、紫外線を浴び過ぎだと脳が察知し、全身の細胞が傷つくことを恐れて、肌にメラニンを増やす指令を出してしまいます。サングラスやUVカット使用のメガネなどをぜひご利用ください。


0067916f91930b5f4f474cfd665051e7_s.jpg


③生活習慣を見直す

外からのアプローチも大切ですが、キレイな肌を維持するには内からのアプローチも大切です。

潤いのある肌をつくるために、こまめに適量の水を飲むことを心がける。メラニンの生成を抑えてくれるビタミン類やBカロチンなどが多く含まれる野菜や果物などバランスよく摂取する。肌の成長を促すために、睡眠時間の確保や、質の良い睡眠がとれるように寝る前にスマホを見ない。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動に定期的に取り組むなど、「一気にやるのはちょっと無理・・。」と尻込んでしまう内容もありますが、生活習慣の改善は若見え肌の維持のためだけでなく、健康維持のためにも効果的ですので、できそうなところから少しずつ取り組んでみてはいかがでしょうか?


22456569.jpg



塗るだけ!頑張らないから続くケア


ズボラさんでも続く♪ 簡単に小ジワ・ハリ・目元のくすみ対策ができるアイテムをご紹介!

頑張らなくても良い!コツもいらない!塗るだけだから続けられる。」そんなアイテムがあるんです ♪

20220715135018-a900342a8399ebe682c59c2896f3facfb157368b.png


それが、部分的用美容クリーム「ボトモイストプラス」です!

ボトモイストプラスは、目元、口元、頬、額などの年齢を感じやすい部分への集中ケア美容クリームです。

驚異的な保水力のあるサクランが角質層まで浸透し、肌の水分も閉じ込めてキープします。CoQ10 (コエンザイムキューテン) や塗るボトックスといわれるアルジルリン・レチノール配合で、ハリ・ツヤを与え、ピンと引き締まった肌に整えます。

・気になる部分的の抗シワ効果

・血行を促進し、くすみやクマの改善

・たるみに働きかけハリのある肌に


使用方法:

化粧水で肌を整えた後、適量を目のまわりや口元など、気になる部位に優しくなじませます


チューブタイプになっているので持ち歩きしやすく、お出かけ先で乾燥が気になった時にもメイクの上からサッと使えて便利です。

サロンでもお試しいただけますので、カラーの待ち時間などに、驚きの変化をぜひお試しください。


今回は、見た目年齢に差がつく若見え肌と老け肌の違いと、ケアの方法の秘密をご紹介させていただきました。「マスクで隠れるから、とりあえず放っておこう。」は、NG!マスクを外した時に、「やっぱりケアしておけばよかった!」なんてことにならないように、簡単なケアから始めてみてくださいね ♪

このページ【 見た目年齢に差がつく「マイナス5歳肌」若見え肌と老け肌はここが違う! 】を

CATEGORY

BACKNUMBER


RECRUIT2022

美容師・美容師アシスタント求人採用情報

Taebisでは、共に会社を創り、共に夢を叶える仲間を募集しています。各店への店舗見学も随時受付中です。お気軽にどうぞ!

TOP OF PAGE